引越しトラック 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越しトラック 道路の幅

 

引越しのとき荷物の量によってトラックの大きさが変わります。

 

大きいほうが沢山入るし入り切らないと言う心配がないので安心に感じるかもしれませんが、大きいトラックは小さいトラックよりも費用が高くつきます。

 

丁度いいサイズのトラックを選びましょう。
ただ、せっかく選んだトラックも物件に面する道路の幅によっては使用できないことがあります。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

引越しトラックは大きいので道路が狭いと通れませんし、引越し作業をする時に停車する場所を確保しなければいけません。
もし物件に面する道路が狭いと感じたら、引越し業者に相談しておくと安心ですね。

トップページ > 冷蔵庫の宅配は引っ越し業者がおすすめ