冷蔵庫引っ越し

冷蔵庫の引っ越しをするとき

引越しの見積もりを取るには、見積もり書を作るのに必要な内容が決まってからでないと正確な金が出せません。
引越し当日、荷物の量が違ったり引越し先が4階なのにエレベーターがなかったりすると追加料金が発生することもあります。

 

冷蔵庫を運ぶならご相談ください

 

トラブルを避けるためにもできるだけ、引越し情報は正確でなければなりません。
ではどんな情報が必要なのでしょうか。

 

・引越ししたい人の名前と住所。
・引越し先の住所
・荷物の量
・引越ししたい日
・引越し業者に依頼したいこと(すべてお任せなのか、家財だけ運びたいのかなど)
・不用品の処理などのオプションの有無
・料金の支払方法

 

このような情報があるといいですね。
引越し料金において、建物の前にトラックが横付けできるかどうか、エレベーターの有無などは重要です。作業時間にかかわるため、人件費が余分にかかる可能性が高まります。

 

引越し費用を安くしたいと思って不正確な情報のまま見積もりを依頼すると、思った以上の追加料金がかかって割高になったり、引越し業者とのトラブルにもなりかねません。

 

本当に引越し費用を安くしたいなら、人があまりやらない平日にしたり、時間を指定しないなど他にも方法があります。また、冷蔵庫や洗濯機などの大きな家財だけ運んでもらうというのも有効です。

 

複数の引越し業者から見積もりを取って、一番安い業者を選ぶと言うのが一番間違いのない方法です。