冷蔵庫宅配

冷蔵庫の宅配を1番格安で行う方法

冷蔵庫宅配

冷蔵庫の宅配

冷蔵庫 配送

冷蔵庫 配達

冷蔵庫 宅配便

 

冷蔵庫のような大きな家電を運べる業者は、宅配業者か引っ越し業者くらいです。

 

宅配業者でも運べる荷物の大きさに制限があるところが多く、冷蔵庫を扱っているのは一部の大手だけです。
業者間に競争がないので、費用はやや割高になってしまいます。

 

反対に引っ越し業者は会社の数が多いため競争もあり、冷蔵庫も運び慣れているのでオススメです。

 

面倒な見積もりも今は一括見積もりが出来ますので、簡単に相場や最安値がわかるようになりました。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

 

 

住所や送りたい場所の情報を1度入力するだけで、複数の業者から見積もりを取ることができるのです。

 

引っ越し業者だから引っ越しでしか利用できないと思っている人もいらっしゃいますが、そうではありません。
大きな家財を2階へ運んで欲しいとか、ソファーだけを運んで欲しいという依頼は多いのです。

 

 

冷蔵庫だけを運んで欲しい場合でも、是非引っ越し業者一括見積もりをご利用くださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの通常期(オフシーズン)と繁忙期(オンシーズン)

 

冷蔵庫 宅配 相場

 

引越し件数は1年で3月が最も多く、この時期は繁忙期(オンシーズン)と呼ばれ引越し料金が最も高い時期となります。
当然冷蔵庫だけ、大きな家具だけを配送したいという方もこの価格に巻き込まれます。
繁忙期は通常期(オフシーズン)に比べると、これらの価格に大きな差があります。

 

引越しが3月に最も多い理由は、大学に入学する学生や就職した新社会人、人事異動で新年度から新天地で働くサラリーマンの移動がすべて重なるからです。
この時期は引越し業者もスタッフを増やしたり、1日に回る件数を増やすなどして何とか対策を講じますが、それでも到底人手が足りません。

 

そういう訳で繁忙期はどうしても通常期に比べて費用が高くなってしまうのです。

 

そんな繁忙期でも少しでも費用を安くしたいなら、新居を早く決めてすぐに引越し業者に見積もりを依頼することです。
繁忙期の引越しはスピードが大事です。
安くて良い引越し業者はどんどん予約が入り、引越し日ギリギリになるほど高い業者しか残っていない可能性があります。

 

冷蔵庫の宅配も同じです。もし繁忙期を避けられるなら避けましょう。
繁忙期は引越しのことを先延ばしにせず、早めに準備することが重要です。

 

 

引越しのおおまかな手順を知ろう

 

引越し手順

 

引越しのおおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まず新居が決まらないと引越し業者に正確な費用を見積もってもらうことができません。
なぜなら新居の駐車場の場所、エレベーターの有無なども費用に関係するからです。
見積もりは新居が決まってからがオススメです。

 

引越しをする前に不用品は処分してください。
新居に引越ししてからゆっくり分別したいのもわかりますが不経済なのです。
新居に持って行く不用品の輸送費も引越しの見積もりに加算されてしまいます。
不用品は引越し前にあげる、売る、捨てるなどして処分してくださいね。

 

市役所に提出する書類は市外への引越しの際は転出届です。引越し日の2週間前から提出できます。
ほかに国民健康保険や国民年金のことも聞いておくといいと思います。

 

今使っている電気・ガス・水道も引越し日まで使えるように手配しておき、その月の料金はは日割りで計算してもらいましょう。
会社によって手続きが異なるので、電話して聞いてくださいね。
ガスはガス会社の人の立ち合いのもと元栓を閉める作業があります。

 

郵便物が届かないと困りますので、最寄りの郵便局で転送届を提出しておきましょう。
1年間だけ新居に郵便物を転送してくれますから、その間に友人知人に「引越ししました」とハガキやメール、LINEなどで連絡してくださいね。

 

引越し当日は家具をどこに置くのかなど指示をしてください。
あらかじめ紙に書いて新居の壁などに貼っておくといいです。
引越し屋さんもいちいち確認する必要がなくて助かると思います。

 

新居に最寄りの市役所では市内引越しなら転居届を、市外引越しでは転入届を提出しましょう。
引越し日から2週間以内に提出してくださいね。

 

あとは免許証、保険、パスポート、銀行、カード会社など住所変更が必要そうな所への連絡をしましょう。

 

たくさんすることはありますが、時期が違いますのでそんなに大変ではないですので頑張ってくださいね。

 

 

引越しのあいさつに行くタイミング

 

引越し繁忙期

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行きましょう。
挨拶に行くのを先延ばしにすると段々と面倒くさくなったり、挨拶前に道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりするからです。

 

引越し日に挨拶に行けるよう簡単な粗品を用意しておくといいですよ。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子、タオルや洗剤などの消耗品などが喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートであれば、上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているかと思います。

 

ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね

 

 

引越しに掛かる初期費用とは?

 

引越しの初期費用

 

引っ越しするときはお金がかかりますね。
その中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
物件の契約時にかかる費用には、どんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがあります。

 

・敷金は物件を退去をする際に壁紙やふすまの修繕費を入居前に預けるというものです。
部屋を綺麗に使っていれば使わなかったお金は返金してくれます。
入居前の家具のない段階で、気になる大きな傷やへこみかがないか確認してあれば写真に撮っておきましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われるお金で昔からの慣習ですが、最近は礼金ゼロの物件も増えています。
今は賃貸物件も増えたのに人口減少の影響もあって、空き家が問題となっています。
少しでも入ってもらえるようにと礼金ゼロの物件も多くなっています。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。
反対に1カ月フリーレント(無料)の物件もあるので、大家さんの考え方次第ということですね。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用ですが法的には〇〇円と決まっていないので、会社によって金額が異なります。
こちらも最近は、仲介手数料無料の不動産会社も出てきました。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
なぜなら火元が自分でない火事でもらい火をした場合でも、火元の住民に賠償を求めることはできないからです。
日本の住宅は木造が多いのに密集しているので、火事はお互い様で自分で備えなければならないのです。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。
しかし最近は一人親・一人っ子・親戚がいないなど連帯保証人を立てられない人も増えました。
そこで今は身元保証会社にお金を払って利用することが主流となってきました。

 

・カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
家の場所を知っている他人がカギを持っているかもしれない恐怖は計り知れません。
カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかりますが、防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

 

 

冷蔵庫送料